fu-jutu

符術

近頃は映画・ドラマ・コミックやラノベといったメディアでよく題材とされるので一度はどこかで何らかの形で目にしたことがあるとは思います。陰陽師の使う様々な形に切った式神符(切符)や道教で使われる不可思議な模様が描かれた呪符など、いろいろな種類の符が存在しています。縁あって符術を学ぶ機会にめぐまれたこともあり、他者に害をもたらすことのない符に限りご依頼があればご用意しております。

灑羅がご用意する符は「紙折符」と呼ばれるもの、道教の符術で用いられるもの、陰陽師の式神符を除く符が主となっておりますが、あまりにも多岐に亘りますのでここでは見た目の流麗さから「紙折符」をいくつかと文様の美しい道教符をご紹介いたします。(「紙折符」は半紙を1枚、または2枚を折り紙の要領で折って作る符です。灑羅の場合、お焚き上げの際に燃えやすい、それでいて携帯しても破れにくく丈夫な特別な和紙を半紙にして使っております。)

上でも触れましたが、昨今では符や呪術に関する書籍・情報が簡単に手に入るようになりました。解説書等を手になされた方はご自分で作ってその効果を実感なさるのも一興かと思います。ただ、その結果に対する責任はご自身が負う覚悟も必要となりますので安易な気持ちでなさるのはお薦めしかねます。また、解説書などでは時間と場所の支配を受けるとされておりますし様々な制約が伴う場合もございます。それらの条件を満たしたとしても満足な結果を得られないかもしれません。お試しになる場合はこれらのことを含んだ上で行使下さい。

ここで紹介します符に関しましては濫用防止の意を含め、作成条件など曖昧にさせて頂いておりますことお含み下さいませ。また、ここで紹介しております符は魂込めの作業はしておりませんのでただの「紙」と思って頂ければ幸いです。